にきび跡は男性と女性で違う

にきび跡は男性と女性で違う?治りやすさや症状など

にきび跡は男性と女性で違う?

 

 

にきびができると、とても目立つような気がして恥ずかしくて嫌なものですが、特ににきびができた後の「にきび跡」はいつまでもお肌に残り、気になります。

 

男性・女性問わず、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌が活発になると、にきびができやすい・・とされています。

 

ただ気になるのは、男性と女性とではニキビ・ニキビ跡の治りやすさは違うのか?ということです。

 

 

男性の場合

 

男性の場合は女性よりも男性ホルモンが多いため、にきびができやすい状態にあります。

 

それに、女性に比べてスキンケアをまめに行うわけではないことも、原因の一つと考えられるでしょうね。

 

男性ホルモンが多い男性は、皮膚が厚く毛穴が詰まりやすいこともあり、女性よりもにきびが治りづらく、大きな跡も残りやすい傾向にあります。

 

年齢や体質にもよりますが、再発しやすい男性は男性ホルモン過剰になっているケースもあるでしょう。

 

 

女性の場合

 

一方で、女性の場合は男性ホルモンの分泌は活発ではありませんが、周期的にプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されると、にきびができやすくなってしまいます。

 

女性はスキンケア対策はこまめにすることもあり、クレーターになる程の重症ニキビ跡が残るケースはあまりないのだそうです。

 

ただ、男性よりも肌の色が明るいため、赤く残ったにきび跡が目立ってしまう・・という特徴がありますね。

 

女性はコンシーラーなどメイクでにきび跡を隠そうとしてしまうので、メイクによって毛穴が詰まり、更なるにきびの原因を作ってしまうこともあります。

 

なので、お肌の状態を見ながらケアをすることが大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 


page top