ピーリング にきび跡 皮膚科

皮膚科の病院・クリニックでピーリング治療を受ける

皮膚科の病院

 

 

ニキビが悪化してしまうと、毛穴の中で膿がたまりますね。

 

にきびを潰して膿を出すと一緒に皮膚組織が破壊されて、それからクレーター状のにきび跡ができてしまいます。

 

また潰さなくても、にきびによって傷ついた部分を修復するために大量の血液を供給しようと毛細血管が増えます。

 

また、炎症によって欠陥が拡張する物質が出たりして、赤みを帯びたにきび跡ができてしまうこともあります。

 

それらのにきび跡は、自然には治りにくいのですね。

 

セルフケアで難しいのを消したいのであれ、皮膚科(美容皮膚科)などの病院・クリニックのピーリング診療を受けることが良いでしょう。

 

 

ピーリングという治療法について

 

ピーリングというのは、皮膚の表面に残った角質を取り去って、新陳代謝を活性化させて肌を正常な状態に戻す治療法です。

 

主に薬品を使って角質を溶かすケミカルピーリングと、レーザーを照射したりして物理的に角質を剥がしていく方法があります。

 

ケミカルピーリング

 

ケミカルピーリングでは、酸を使って角質を溶かしていきます。

 

家庭用に販売されているピーリング石鹸などでは、AHA(フルーツ酸)という刺激の弱い成分が使われます。

 

皮膚科のクリニックなどでは、やや刺激の強いグリコール酸などが使われます。

 

そのため、敏感肌の人は濃度の調節をしていくことになります。

 

 

レーザー照射によるピーリング治療

 

レーザー照射によるピーリングは、表面の角質を焼いて新しい肌に生まれ変わらせる方法です。

 

痛みはそれほどではないのですが、熱が発生するので熱いと感じることはあります。

 

なお皮膚科の病院で施術してもらうことには大きな効果があるのですが、クレーターが完全になくなるというよりも目立たなくなる程度に盛り上がる・・というくらい、という話もあります。

 

個人差や体質、症状の大きさなどの違いもあるので、その人に最適な治療を受ける必要はあるでしょうね。

 

 

 

 

 

 


page top