にきび跡 治るのか

深いデコボコの重症にきび跡・・結局治るのか?それとも治せない?

にきび跡にも初期症状の軽いものから、進行に進行・再発を繰り返してきて重症になっているニキビ痕まで、かなり違うようですね。

 

よく自宅でニキビケアする・・というので、市販のニキビ薬とか、にきびケア用の化粧品類を使ってケアしている人は多いです。

 

自分でできるニキビ対策は、主に生活習慣の改善と保湿ケアになりますが。
ソフトなやり方なので、まだ症状が軽い軽症のにきび跡のうちなら十分に完治できると思います。

 

ただ問題は、長年の間とかしっかりケアせずに放置してしまって、繰り返しの再発を続けていくうちに慢性化して重症の凸凹になってしまった人の場合でしょう。

 

それで、どこまでが重症なのか?ということですね。

 

目安になるのが、「赤にきび」や「黄にきび」での症状だそうです。

 

まず初期症状では、薄く白っぽい「白にきび」ができたりします。
もっと深くなると黒いポツポツした「黒にきび」のように進行するそうですね。

 

このくらいのニキビであれば、家での保湿ケアぐらいで十分改善できそうです。

 

それらが慢性化して、赤いにきび跡になって肌に残るようになってしまった場合は、自宅ケアだけで治るのかどうかが微妙になってくると思います。

 

個人差もありますし、症状とか体質も様々なので、「こうなったら自宅では無理」みたいに言うことはできないでしょうけど。

 

赤ニキビというのは「炎症性ニキビ」というもので、文字通り、炎症で腫れているような状態ですね。
ここまで進行すると、いったん治っても何度も再発してしまうケースも多く、自然に治るのか?難しくなってします。

 

赤ニキビで痕になって残ってしまっても、その後の生活改善でホルモンバランスを整えることで、再発を防いで治りやすい体質づくりをすることはできると思います。

 

赤い炎症性ニキビが中程度の症状なら、重症にきびに「黄にきび」というのがあるようです。

 

化膿しているので「膿疱性ニキビ」・・とも呼ばれるそうですが、これも深い凸凹クレーターのようなにきび跡が残る症状が出ます。

 

ここまで来ると治療も一筋縄ではいかなそうですし、クリニックでも抗生物質や専門的な内服薬、塗り薬で処方されることもあるんですね。

 

なので、一般的には赤にきび跡か黄にきび跡ぐらいが中程度〜重症にきび跡かと思われます。

 

難しいニキビ跡になってしまっても、専門的な治療を受けていくことで徐々に改善は見込めるでしょう。

 

再発する重度のにきび跡は身体の内側に長年の問題を抱えていることも多いので、生活改善はすごく大事です。

 

絶対治せないようなニキビ跡はないと思いますし、時間はかかっても続けていくことですね。

 

 

 

 

自宅のスキンケアで治すのが難しそうな中程度〜重症にきび跡なら、やはりエステサロンや美容皮膚科の病院などで相談してみるといいかもしれません。

 

皮膚科の一般病院よりも、美容皮膚科・美容外科クリニックの方が、「にきび治療」での専門的な診療メニューを用意しているので、おすすめです。

 

効果や医療での安心感などで考えると、クリニックに通う方が重度にきび後の治療にはいいかもしれないですが。
ただ、クリニックの診療はそれなりに費用はかかりますので、エステサロンでも安いもので良さそうなメニューがあれば検討してみるといいですね。

 

医療系エステのシーズラボなどは、専門的なにきび跡ケアのコースがあります。

 

ニキビ跡解消コース

 

 

 

 

美容皮膚科のクリニックでは、にきび跡治療で有名なオザキクリニックがあります。

 

とてもいろいろな医療の治療方法を組み合わせていくので、かなり幅があるそうです。

 

小林式ニキビ撃退法・・という根治治療を、ニキビ跡のクリニック治療前に受けることをおすすめしていたりします。

 

難治性の重症にきび跡だったりする女性の人の場合は、治療で治しても繰り返し同じ箇所に再発してしまう問題もあるので、ほぼ100%ニキビが再発しない?という根源治療は効果的だそうですね。

 

ただ、オザキクリニックの問題は東京都内にしか医院がないので、どうしてもそこで受けたい場合は、地方在住なら遠方から通う形になってしまうことです。

 

あと治療費用も、他のサロンやクリニックなどを選ぶよりも高額な専門治療になったりすることもあると思います。

 

 

地方でも通えるクリニックでニキビ跡治療向きなのは「湘南美容外科クリニック」で、全国にクリニックがある病院です。

 

↓美容皮膚科のメニューに、にきび跡診療のメニューがあります。

 

湘南美容外科クリニックのサイト

 

 

このあたりで考えてみると、いいかもしれません。

 

 

 

 

それらの治療で使われる方法は様々ですが、シーズラボで使われるのはピーリングで、オーダーメイドに提案してもらえます。

 

湘南美容外科も美容皮膚科にある治療メニューが豊富ですし、ピーリングの他にイオン導入、医療レーザーなどがありますね。
重症の炎症性ニキビ向けのロアキュタンという治療法、ダーマペンやベビースキンなどの治療もあるそうです。

 

自然に治るか難しいような重度のにきび跡治療は、こうした専門的な方法で相談してみた方がいいでしょうね。